読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろハイパーゼットンになりたい

口に出したら角が立つ棚卸し

6年前の今日のこと

もう6年前になるんだね。

早かったような、もうはるか昔のような。

 

 

2010年12月28日。渋谷公会堂。当時はCCレモンホールだった。

私はなんだかんだレモホ時代が一番渋公行ったな。

何度MC中にCCレモンの歌を聴いたことか!笑

渋公で演りたかったな、ってちょっと残念そうな声を聴いたことか。

 

 

引退の発表は割と直近だったと思うけど、もう状況はみんな勘づいていて。舞ちょ本人明らかにしんどそうだったし、それを隠そうともしてなかった。どうにかできるキャパ超えてたんだろうね。

ツアー中もふらふらしててステージから落ちたりイベントもセッション出なかったりとかオープンの時間にひとり入りしてたりとかもう見てるの辛かったし、

景夕がやたら「大丈夫だから」って言い出す時は絶対大丈夫じゃないことが起こるときで、

それが続いたから、いよいよ決断かな、という感じ。覚悟は決まってた。

 

 

あの日の渋公は仲良いけらっこはもちろん皆いて、メジャー前まで常連だったお姉さんたちもいた。今日を逃しちゃいけないと思ったのか実はあの時助けてもらったんです〜、なんて話しかけてくれたひともいた。

1階席の真ん中の通路よりも後ろ、目の悪い私にはいまいち表情は見えなくて、でも良いステージだったのは分かった。いっつも外すギターソロ、ちゃんと弾いてたよね。ブリキの合唱はたぶんずっと忘れない。

DVDで見て初めて最後に挨拶する舞ちょのマイクを持つ手がガタガタに震えてたのを知ってびっくりした。

でも、とても清々しいほどに素敵なライブだった。

去年の渋公がスタートまで何故かこわかったくらい。去年の正真正銘"渋公"ライブも逞しくてとてもよかったけどね!

 

 

 

 

いろんなものが変わったし、なくしてきたし、これからもどうなるか分からないし。

 

でも、メジャーデビュー頃に舞ちょが言ってた、「俺結婚する!Kraと!」とか「俺がKraを守るから」って言葉、今でも覚えてるよ。

あの日の渋公でこれからのKraをよろしく、って頭を下げた舞ちょがいたから何とかこうして今年も226があると思っているよ。

 

 

2011年の226はもうタイゾが弾いてるんだよね、サポートとして。

そう考えると今度の226はなんか特別な日になりそうだ。

 

 

君の声、まだあの渋公以来一度も聴いてない気がする。

セッションだから曲どうするのかな、楽しみだな。

 

 

とりあえず久々のステージ、おかえり。舞ちょ。